法被

法被を着るタイミング

法被と言うとなんだか粋な感じがしますね。ただ、普段着として着るものではないです。そんな法被ですが、一体どのような時に着るのでしょうか。ここでは、法被を着るタイミングについて考えてみます。まずは、お祭りの時に着ます。年間を通して各地では様々なお祭りが開催されています。夏祭りや盆踊りに参加された時に見かけた方も多いと思います。
露天で販売する人たちが着ることも多いです。法被を着ることでお祭りの雰囲気を出して盛り上げています。次にイベント事に着ます。様々なイベントで着られます。例えば、家電量販店の安売りやセール時に販売員がハッピを着て威勢の良さをアピールします。その他、和をイメージした祭典で着られたり、海外からのお客様をお迎えする際のパフォーマンスなどでも着られます。
意外に、消防団員は半纏を着ます。消防団では半纏が制服とされることが多いです。これは、江戸時代の火消しの文化に由来します。現代では半纏と法被の線引はなくなってきました。そのため、消防団員の服装を見て法被と言う方も多いですので、ご紹介しました。ホームパーティーで着ても盛り上がります。イベントというほど大規模でなくても、ちょっとしたホームパーティーの時にコスプレ感覚で着ますと、パーティーが盛り上がります。

法被と半纏について

現代において、法被と半纏を明確に使い分けることは殆どありません。歴史的には諸説ありますが、すでに江戸時代末期には、現代のように法被と半纏は混同されていました。そのため、法被や半纏を販売するお店でも「法被=半纏」としている所が多いです。もちろん、今でも、歴史的な観点や衣服としての違いを根拠に法被と半纏は別物であるとして販売しているお店もありますが、そうしたお店は少数です。
それでも法被と半纏という言葉はどちらも存在します。やはり、何かの理由で使い分けがされているのでしょうか。現在では、お祭りやイベントの時に着る比較的薄手のものを法被、「どてら」などに代表される比較的厚手のもので、主に室内で着るようなものを半纏と呼ぶ傾向にあります。この他、職人さんが来ているのを半纏と呼びます。
これは、法被と半纏の衣服としての違いを指して言われているのではなく、職人さんは半纏というイメージが先行して言われているものです。消防団員の着る服も半纏と呼ばれます。これは、江戸時代の町火消しのイメージがあってのことです。このように、現代では、法被と半纏についての違いが明確にわかる人も少なくなっています。一方でイメージ先行で法被と半纏という言葉は使い分けられています。

各種イベントを盛り上げる!法被は通販で

何かしらのイベント時に法被を着用して盛り上げてみませんか?揃いのTシャツやアクセサリーもいいですが、日本の行事といえばやはり祭をイメージされる方がほとんどでしょう。その祭の衣装である法被を着れば、イベントもさらに盛り上がり、思い出としてもよりよいものになることは間違いありません。ですが、意外と売っている場所が分からないのが法被です。
法被の専門店の他にディスカウントショップやホームセンターなどでも買えますが、おすすめは法被の通販になります。法被の通販サイトは意外に多く、法被の種類も品質も幅広く、実店舗よりも自分好みの法被を選べることでしょう。もちろん、お揃いにするための文字入れやデザインの制作も可能です。
ご家庭でのイベントであれば、使用後は思い出にとっておきたいので、ぜひインパクトのあるデザインや特注のものを購入したいところです。また、学校や園、団体での使用であれば、長く使える耐久性・汎用性などの点でも、通販ショップで選ぶ方が選択肢が多くありおすすめになります。意外と様々なシーンで活躍させれるのが法被の魅力でもあります。せっかくの特別な衣装ですので、こだわって選ぶなら、通販での購入が断然おすすめです。


祭りをより盛り上げるためにも、法被の団体注文を行いませんか。やはり祭りとなれば、みんなで同じ法被を着たいものでしょう。そうすれば団結力も増して、かなり盛り上がる祭りになると思います。団体で法被を注文するなら「通販サイトのカメオカ」がおすすめですので、ぜひご活用ください。

オススメ記事

法被の昔と今の役割について

お祭りなどで目にする機会の多い法被ですが、その本来の目的は武士がその家の家紋が大きく入った法被を着ることで身分を証明する為、云わば自己主張の一…

もっと読む

法被購入時に注意すること

皆さんは法被を着用されたことはありますでしょうか。日本独自の衣装である法被ですが、なかなか着る機会もなく、そもそも法被ってどういう風に選んだら…

もっと読む

新着ニュース

2017年03月27日
法被と半纏の違いについてを更新しました。
2017年03月27日
法被の着方についてを更新しました。
2017年03月27日
法被購入時に注意することを更新しました。
2017年03月27日
法被の昔と今の役割についてを更新しました。

オススメ記事

法被の着方について

お祭りの時に法被を着るという方も多いと思います。お祭り好きな方はともかく、大抵の場合、年に1-2回のお祭りに法被を着るという方が多いでしょう。…

もっと読む

法被と半纏の違いについて

結論から言いますと、法被と半纏の区別は江戸時代末期からなくなっているといわれています。江戸の武家社会から生まれた法被は、家紋が背中に大きく染め…

もっと読む