法被

法被と半纏の違いについて

結論から言いますと、法被と半纏の区別は江戸時代末期からなくなっているといわれています。江戸の武家社会から生まれた法被は、家紋が背中に大きく染め抜かれており、襟を返して着ていたようです。もともとは、胸紐つきの単でした。法被が庶民に普及したわけは、庶民に出された羽織禁止令にあります。襟を返して着る羽織や法被の代わりとして、襟を返さないで着る法被が普及したのです。
この頃から、法被と半纏の区別が曖昧になってきたようです。こうして、屋号や家紋が襟や背中に染め抜かれ、襟を返さないで着る法被が、「印半纏」として普及していきました。商人や職人の日常着、町火消の仕事着、祭礼時に着るものとして、庶民の生活に次第に根づいていきました。職人や商人が着る印半纏は、現代で言うならば、会社の社名やロゴ入りの作業着のようなものであったと考えられています。
祭礼では、参加団体の象徴として着用されていたようです。また、半纏は江戸時代の庶民たちの日常生活で防寒着としても愛用されていたようです。現在の「綿入り半纏」や「どてら」と呼ばれるものに相当します。法被(印半纏)は、現在もお祭りや神輿担ぎには欠かせない衣服であり、職人の仕事着、または販促イベントなどでも需要があります。

オススメ記事

法被の昔と今の役割について

お祭りなどで目にする機会の多い法被ですが、その本来の目的は武士がその家の家紋が大きく入った法被を着ることで身分を証明する為、云わば自己主張の一…

もっと読む

法被購入時に注意すること

皆さんは法被を着用されたことはありますでしょうか。日本独自の衣装である法被ですが、なかなか着る機会もなく、そもそも法被ってどういう風に選んだら…

もっと読む

新着ニュース

2017年03月27日
法被と半纏の違いについてを更新しました。
2017年03月27日
法被の着方についてを更新しました。
2017年03月27日
法被購入時に注意することを更新しました。
2017年03月27日
法被の昔と今の役割についてを更新しました。

オススメ記事

法被の着方について

お祭りの時に法被を着るという方も多いと思います。お祭り好きな方はともかく、大抵の場合、年に1-2回のお祭りに法被を着るという方が多いでしょう。…

もっと読む

法被と半纏の違いについて

結論から言いますと、法被と半纏の区別は江戸時代末期からなくなっているといわれています。江戸の武家社会から生まれた法被は、家紋が背中に大きく染め…

もっと読む