法被

法被の昔と今の役割について

お祭りなどで目にする機会の多い法被ですが、その本来の目的は武士がその家の家紋が大きく入った法被を着ることで身分を証明する為、云わば自己主張の一環として用いられていたそうです。その後は、火消しや職人などに広まり、現代ではイベント事などに使われるように時代の流れと共にその役割は少しずつ変化をしてきていますが、現代でもオリジナルデザインの法被は人気があり、自己主張という目的もけして失われたわけではありません。
それに加えて今日では祭りの御輿担ぎや体育祭、学祭などの学校行事など様々なイベントの場でチームのユニフォームとして法被を着用することにより、団結力を強める役割も求められています。お店で売られている既製品の法被でもある程度は男女問わず着用する事が可能ですし、インターネットなどの通販を利用することで意外と手軽にチームオリジナルの法被がオーダー出来ます。
また通販なら足を運ばずして多くのショップの中から商品を選ぶ事が出来るので、サイズやカラー、価格などをとても簡単に比較しやすく大きなメリットがあります。近々イベントへの参加予定が有る方は、記念も兼ねて気分が盛り上がるオリジナル法被を作成してみても良いかもしれません。

オススメ記事

法被の昔と今の役割について

お祭りなどで目にする機会の多い法被ですが、その本来の目的は武士がその家の家紋が大きく入った法被を着ることで身分を証明する為、云わば自己主張の一…

もっと読む

法被購入時に注意すること

皆さんは法被を着用されたことはありますでしょうか。日本独自の衣装である法被ですが、なかなか着る機会もなく、そもそも法被ってどういう風に選んだら…

もっと読む

新着ニュース

2017年03月27日
法被と半纏の違いについてを更新しました。
2017年03月27日
法被の着方についてを更新しました。
2017年03月27日
法被購入時に注意することを更新しました。
2017年03月27日
法被の昔と今の役割についてを更新しました。

オススメ記事

法被の着方について

お祭りの時に法被を着るという方も多いと思います。お祭り好きな方はともかく、大抵の場合、年に1-2回のお祭りに法被を着るという方が多いでしょう。…

もっと読む

法被と半纏の違いについて

結論から言いますと、法被と半纏の区別は江戸時代末期からなくなっているといわれています。江戸の武家社会から生まれた法被は、家紋が背中に大きく染め…

もっと読む